桂川・小篠沢(おしのさわ)

中央線鳥沢駅から徒歩でアプローチ可能な初心者向けの登山道沿いの渓流

アプローチ

鳥沢駅から国道20号線にでて、新宿方面へ歩いて行くと高畑山への古い指導標があるので道標に沿って小篠沢貯水池まで、途中、集落民家を抜けていきますがどれくらいが空き家なんだろうと考えちゃいます。チョット寂しい。

入渓

小篠沢貯水池から少しの登ると鉄骨の橋が掛かっているので、ここから入渓。

中流域ではナメの小滝が続きます。癒やされますね~。

途中の小滝、とうぜん水流沿いを狙います。

へつり?ちょっと優しすぎるかな、でも練習。。

最後のメインディッシュの滝、遡行図には4段12mと記載があるけど、威圧感はありません。ロープ必要かなと考えましたが、サクッと抜けられました。

倉岳山をまわって梁川駅にて山行終了。

まとめ

中央線沿線というアプローチの良さですね。優しくて癒やされて、激アツの夏場に凉を求めるには良い沢です。梁川駅を少し大月方面に歩くと「たてる屋」という蕎麦屋があって、オヤジのお勧めで皿タヌキ?、揚げ玉のカツ煮??がでてきたのですが、原価安いな~と思いながら、これが旨い。モツ煮も柔らかくてお腹に優しかった。懐かしい昭和の味。つけとろろそば、のどごしが良く今の小生には食べやすい。

タイトルとURLをコピーしました