メンテナンスとサプリメント

登山者にとってどのサプリメントを飲むかは、次の日に疲れを残さない、もしくは次の登山に向けての体調管理に非常に重要です。山岳ガイドが実際に飲んでいるお薦めサプリメントをご紹介しましょう。

山岳ガイドのお薦めサプリメント

アバンド(Abound)

アバンドとの巡り会いは、山岳ガイド協会の資格更新研修会で医師講師から勧められたのが切っ掛けです。お医者様が良いと仰っているので、そこは素直に購入して自分で実験。う~ん、いいんじゃない!で、採用決定。欠点は正直ちと一袋500円とお高め。毎日飲むには懐のほうが痛くなるので、体力判定ツアーなどの体力系ツアーの前に飲用しています。なぜ良いかのウンチクも半分コピペで紹介しましょう。

アバンド(Abound)オフィシャルページ
アバンドのウンチク、リンク先

HMB(β-ヒドロキシ-β-メチル酪酸)は必須アミノ酸であるロイシンの代謝産物です。ロイシンの摂取により体内で生成される成分で「筋肉の合成を促進」や「筋肉の分解抑制」として働くことが知られています。HMBは液体で存在するためカルシウムと結合することで粉末(HMB-Ca)で摂取できます。

「筋肉の合成を促進」とは、疲労-回復-超回復のサイクルにおいて、運動で損傷した筋細胞の再合成を促進することです。「筋肉の分解抑制」とは、激しい運動をするとエネルギー確保のため、筋肉が分解されアミノ酸が血中に放出されますが、その筋肉の分解を抑制することです。

プロテインがいらない?との流れになりそうですが、筋肉の合成にはタンパク質が必要ですから、そう単純な流れではありません。アバンドHMB+バランスの良い食事が体力アップに繋がるとお考えください。

摂取のタイミングですが、小生は登山前に飲んでいます。
1,運動中のHMBの筋肉の分解抑制
2,グルタミンによるグリコーゲン回復作用
3,アルギニンによる運動時の疲労感を引き起こすアンモニアの抑制
これが正解ではなく、ご自身のカラダと相談しながらご自身の正解を探してみるのも、サプリメントと上手にお付き合いする秘訣かもしれませんよ。

MUSASHI NI ニー

BCAA L-ロイシン、L-バリン、L-イソロイシンの3種のアミノ酸、味の素アミノバイタルが有名ですが、小生はMUSASHIをお薦め。日本の会社と思いきやオーストラリアの会社です。ドーピングに対しても厳しいお国ですので、コストよりも品質で勝負しているようです。なので、こちらも一袋130円強とチョット高め。

MUSASHI公式ホームページ

摂取のタイミングは運動後が一般的ですが、特に宿泊を伴う登山では就寝前をお薦めします。次の日のカラダの軽さというか、筋肉の硬直具合が違います。スッキリとした目覚めを感じるでしょう。ただしBCAAの過剰摂取は睡眠を妨げる原因にもなりますので注意が必要です。

タンパク質の摂取

クエン酸

登山後のメンテナンス

クールダウン

ストレッチ

筋膜リリース

マッサージ

針・お灸

超回復までの過ごし方

アクティブレスト・体幹

インナーマッスル

参考文献:厚生労働省、大塚製薬、第一三共ヘルスケア、wikipedia

タイトルとURLをコピーしました