デイジーチェーンの選び方

デイジーチェーンの使用目的は、スタカット・マルチクライミングでメインロープからセルフビレイ(自己確保)をセットするまでの安全確保、懸垂下降する際の確保器とバックアップのセットまでの安全確保や、トップロープをセットする際の安全確保など自分自身の転滑落危険を防ぐために使用します。

UIAAによる安全基準

デイジーチェーンはセルフビレイ(自己確保)の補助として使用されますが、本人もしくはパートナーの安全を確保するためにもUIAAによる強度規定が設定されています。UIAA(国際山岳連盟)とはクライミング用品の強度基準を定め、UIAAによる安全性基準テストをクリアすると「UIAA SAFETY LEBEL」のロゴ表示を認められます。

デイジーチェーンの種類

デイジーチェーン自体は、ブラックダイヤモンドの商品を指しますが、ソウスリングをつなぎ合わせたダイナミックランヤードも乱暴な言い方ですが、デイジーチェーンの一種として呼ばれている気がします。

ブラックダイヤモンド・デイジーチェーン

使い込まれていますが、ご容赦。ブラックダイヤモンドの販売元であるロストアローではデイジーチェーンの危険な使用方法について警告しています。デイジーチェーンを安全に使用するためには安全環付きカラビナが2枚必要になるため、少しでも道具の数を減らしたい小生は、ダイナミックランヤードに使用を変えました。

ダイナミックランヤード

デイジーチェーンは本来、セルフビレイ(自己確保)までの補助的な役割なのですが、ソウスリングを複数繋げることで強度をもたせたダイナミックランヤードがあります。複数のループで固定分散ポイントをセットするこで、直接(ダイナミック)パートナーを確保する事が可能です。ただし、マルチクライミングなどで自己脱出の必要性が想定される場合は、ダイナミックな使用は避け、メインロープからセルフビレイをセットすべきでしょう。

セルフ【メトリウス METOLIUS PAS22】ME16610
登山・クライミング専門店シャモニ
¥ 3,553(2021/06/09 17:58時点)
タイトルとURLをコピーしました