ガイド紹介

山旅カレッジのコンセプト

ネットで情報があふれている今だからこそ、自分の目で見て体験すること、考えること、実践を積み重ねていくことを大切にしています。学んだ技術を自由自在に応用できる自立した登山者へ成長していただきたい。目標に到達すべきあなたの「道しるべ」を目指しています。

ガイド紹介

名前  : 木村 武史
ふりがな: きむら たけし

公益社団法人日本山岳ガイド協会認定山岳ガイドNo,366
山岳ガイドステージⅠ/スキーガイドステージⅡ
登山インストラクターズジャパン会員

16歳の頃より社会人に混じり、岩、沢、雪、氷、バックカントリーと本格的な山岳の世界に踏み込むが、世界のトップクライマーにはほど遠く高所登山は7,000m。登山学校講師を経て独立。

登山学校では技術指導を担当、年間を通した講習会のカリキュラム作成等に精通。ロジックな講習内容に評価がある。大手ツアー会社では山旅カレッジ主任登山講師や体力判定ツアーの主任判定員を勤め、安定した指導・判断力であなたを確実にサポートします。

ガイドからのメッセージ

酒は好きです。日本酒からワインや焼酎、ウイスキーなど何でもOKですが、泡盛は飲み過ぎて危険なので避けています。でも、未だに酒に飲まれます。飲み過ぎたときはごめんなさい。あ、タバコは喫みません。

岩・沢・雪などの登山技術や山座同定などは得意ですが、植生や花の名前は軽い緑色弱のため苦手です。お客様に花の名前を教わるのですが、三歩あるくと忘れてることもあるのでごめんなさい。でもね、諦めず根気よく教えて下さい。いつか覚えると思います。それと、赤布も苦手ですね。お客様から「あそこにぶら下がってる」と教えて頂くことが良くあります。どちらかというと動物的勘からコース選択してます。

登山技術の向上は「とにかくたくさん山に行こう!」です。ユーチューブや〇△レコなどバーチャル情報は沢山ありますが、経験者と接している時間、たわいもない会話から学ぶことが沢山あると思います。全てのカリキュラムを消化するのに3年程度掛かりますが、終えた際には是非、公益社団法人日本山岳ガイド協会の登山ガイド資格を受験して頂きたいですね。相応の実力が付いてますから。

タイトルとURLをコピーしました